ジェルネイルや趣味などを綴ったブログです

アクセンツのハードジェル


愛してやまないアクセンツ
ソークオフジェルが有名ですが、
実はハードジェルもあるんです。


アクセンツ1


アクセンツ2
だけどHPを見ても情報が少なすぎて
どのように使い分けをしたらいいのかよくわかりません



クリアジェルだけでも
ボンディング
トリライトクリア
ナチュラルクリア
トップグロス と4種類もあります。


ボンディングがベース専用ジェルというのはわかるのですが、
他の3種をどのように使い分けて使用するのかを
アクセンツの講習でお世話になった先生に問い合わせしてみたので
覚書的に記事にまとめました。


先生からの回答は
トリライトクリアナチュラルクリアでも艶が出ると
パンフレット等で案内されているけれど必ずトップにトップグロス
使用を薦めています。

トップグロスはとっても粘度が低くさらさらしてるので、
オプションズクリアのような厚みの調整はできません。

厚みの形成は ナチュラルクリア、こちらは粘度が高めです。
高さや厚みを出すにはもってこいですが
ほぼセルフレべリングしないのでブラシワークが重要です。
イクステンション形成する場合は粘度があり硬めなので
流れず形成しやすいです。

トリライトクリアは、 ナチュラルクリアと同様の用途、
目的をもっているジェルで、とてもさらさらしているジェルです。
イクステンション形成時には、すばやいブラシワークが必要になります。
逆にナチュラルネイルのコートでしたら少し厚みや硬さが欲しい場合などに
ご使用頂けます。


ナチュラルクリアトリライトクリアも層の形成、
長さだしに使用できるジェルで、粘度、操作性の違いが主です。
両者をご自分の操作しやすい粘度に混ぜ合わせることも可能なので、
バブルに気を付けて混ぜて使用して頂いても良いです。


トップグロスは未硬化ジェルがでるタイプ2分硬化でふき取ってください
ちなみに、アクセンツのハードタイプもソークオフと同じ、全て2分硬化です。
仮止めも、ソークオフと同様で使用できます。
トップグロスはさらさらタイプなので、サイドの流れや、
表面のトップのジェルの厚みにも注意し、均等に塗布してください。



イメージとしたら
ナチュラルクリアは、クリストリオのスカルプチュアクリアっぽいかな?
トップグロスは未硬化ジェルが出るけど
インテンスシールとかノンワイプトップコートとか
あぁいうサラサラしたジェルなんだな~とか。
問い合わせしてみてよかったデス♪


アクセンツラインを普段使っているので、
トップジェルをハードジェルにしたいお客様用に
アクセンツのハードを用意したいと思っています。








 Instagramではネイルデザインのみ載せています
  フォローお待ちしております
  インスタグラムpaara@NAILのページ




[ 2011/01/26 22:03 ] 商品紹介(ネイル) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL