ジェルネイルや趣味などを綴ったブログです

ジェル検定のジェル選び


私がジェル検初級を受けた時のお話です。


私がジェル検を受けるなら当然、
愛しているアクセンツ、使い慣れているアクセンツを
検定で使うジェルに選ぶハズなんですが・・・、


しかし、私は最初からアクセンツの使用を迷っていました。


使い慣れているジェルが良いに決まってる・・けれど、
アクセンツって気難しいところがあって
正しい塗布量、正しい筆圧、がきちんと出来てこそ、
素晴らしい仕上がりになるジェルなので
試験会場で、緊張もあり、時間制限もある環境下で
きれいに美しく塗るのはとても難しく、
ほとんどの場合縮んでしまうかクレーターができちゃいます。
その難しさがこのジェルの魅力でもあるんですが(^_^;)


それと、アクセンツカラージェル(赤い顔料を使ったもの)は
 混ぜても混ぜても溶けきれない粒がある
んです。

その特殊な赤い顔料を使用して作ったカラージェルは
検定色に限らずピンクやコーラル・パープルにオレンジなど
全種にいえることで、この粒が厄介で、混ぜても混ぜても
溶けないわけですから「ダスト」と同じ扱いです。
アクセンツの講習でも
「爪の上に乗った顔料は硬化前に必ず除去してください」と習うのです。
※ あまりにも溶けない顔料が多いジェルは交換してくれます。

検定用にアクセンツの赤ジェルを2個用意してみましたが
どちらも微量ながらも溶けない顔料がありましたので
カラーはアクセンツは使わないことに決めました。
試験中にいちいち粒を拾っている時間はないので(笑)
※ もちろん、通常使う分にはなんの問題もありません。



悩んでいたことを弥生先生に打ちあけてみました。
どのメーカーのジェルも知り尽くしている弥生先生は
私が抱いていた不安や戸惑いも当然理解されていました。
先生からは『指定ジェルの中から選択できる環境なのに
わざわざリスクのあるジェルを選ぶ必要はないよね』
とアドバイス
他のメーカーのジェルは何を持ってるの?と聞かれ、
カル・バイオ・シャイニー・ジュエリー・ベビー
ジェラッカー・ノビリティ・メルティ・ラピ・エース・・・etcと
保有クリアジェルの名前をズラズラと言うと、

私がぱあらさんだったら・・・・
 ベースにバイオを使うかなぁ~


バイオはとにかく縮まないし
大きなクセのあるジェルでもない、
案外どのメーカーのカラーを乗せても問題ない。
ジェル検では仕上がりの美しさが大切であり、
その美しい仕上がりにするにはベースがとにかく大事。

ベース・カラー・トップのメーカーを合わせる必要はないのだと。


そっか・・・確かにそうだ


バイオはまったく頭になかったのですが
確かにバイオクリアが縮んだことはない。
バイオの赤ジェルを購入すれば・・・・・・・が、予算は無し(笑)
先生はメーカーバラバラでもいいっておっしゃっていたし♪

もう一つ候補として用意していた
ラピジェルを練習で使ってみました。
しかし、またもや問題が・・・
本番モデルさんの爪にラピジェルを使って練習したところ
必ず『爪先が液ダマリ状態』になってしまう
私の塗り方のクセです・・・。

スクールで、
ラピ→ラピ→ラピ で仕上げた爪と
バイオ→ラピ→ラピ で仕上げた爪を先生に見ていただき
ラピジェルはアクセンツと同じ塗り方をしたらダメだと
アドバイスいただきました。
まさかこんなところでまたしくじるとは。。。


このジェルがダメなら次はあのジェル!
・・・・っていうわけにはいきません
あたらしく購入すればそのジェルに慣れるまで練習が必要だし、
メーカーによって、使い方や塗り方が違います。
もうあれもこれも買っている金銭的余裕も時間もありません。


反対側の手に塗布するポリッシュも忘れてはいけません。
こちらの記事にあるように → 赤ポリ選び
私は赤ポリはシャレドワに決めていたので
シャレドワに合う赤ジェルでなければ、
赤いポリッシュも選び直しになってしまいます

ここでなぜ一番塗りやすかったクリエイティブの赤ポリを
選ばなかったのか・・・という理由は、
色見が合う赤色のジェルが少なかったので、
ジェル検を受けることも考慮し
選択の幅のあるシャレドワを選んだのです。



結局私が試験会場に持っていったジェル
★ベースジェル★
バイオクリア ・ ラピベース
★カラージェル★
ラピ赤ジェル ・ ラピアート用カラージェル
★トップジェル★
ラピトップ ・ アクセンツオプションズクリア
ベースもトップも2メーカー持って行きました。


実際に使用したのは
☆ベース・・・バイオ
☆赤・・・・・ラピ
☆トップ・・・ラピ です。

ラピのベースも縮みなく使えたのですが
”先だまり”になる可能性をジェル1層分でも
回避したかったのでベースはバイオ、
赤ジェルは1度塗りでムラなく塗れるラピを選び、
もし、仕上げでトップを塗るとき、爪先がダマってしまったら
使い慣れてるアクセンツで修正するつもりでしたw
結果、使わずに済んだのですけど♪


ジェル検でアクセンツを一切使わなかった事を
先日の「「アクセンツの愛を語る会」 で話した時、
「どうしてー」と目をまんまるくされました。
ブログ読者様もそうかもしれませんが、
「ぱあら=アクセンツ」という印象がとても強く
(いや、ぱあら=アクセンツ 以外は考えられない?(笑))
天地がひっくり返ったかのごとく驚いていました。

「恋愛」と「結婚」の違いかな。。。。
 と説明したら妙に納得してもらえたww




私の場合、持っているジェルのメーカーが多数あったので
使ったことのあるジェルの中で選ぶことができました。
だけど、これから受ける方に中には
そういう環境の方は少ないかもしれません。
今、使用しているジェルが使い慣れていて
検定指定ジェルであればそれをいかに美しく仕上げられるか
どんどん練習して自信に繋げていければ良いのではないかと思います。
正直、手つきや手際は採点の対象になっていると思われます。


しかし、モデルさんの爪とジェルの相性もあります。
実は私のモデルをやってくださった方は
アクセンツが弾く爪の持ち主でしたw
検定なので長持ちさせなくていいのですが
弾き・縮み・クレーターはです。


それと私にとってジーン ラ ポート ネイルスクールに
入会できたことが大きな力となりました。
まず弥生先生が様々なメーカーのジェルにとても詳しいです
そしてスクールにあるジェルを使わせてくれたりします。
1回ずつ単発スクールや、本番同様の模擬試験も受けられます。
超オススメスクール♪
私もこれからもお世話になります。



文字ばかりの記事ですみません。
次は実際にジェル検当日に私が細心の注意をはらった場面など
ご案内できたらと思います。







 Instagramではネイルデザインのみ載せています
  フォローお待ちしております
  インスタグラムpaara@NAILのページ




[ 2011/08/16 09:00 ] ネイル検定 | TB(-) | CM(-)