ジェルネイルや趣味などを綴ったブログです

ジェル検定(上級)手順


ジェル検定上級まであと10日
「まだまだ先だな~」なんて悠長に考えていたのに
そろそろ学科もやらなきゃいけませんね


先日のスクールの日に
試験当日の手順をモデルのNちゃんに渡しました。
練習ではディフェンダー(ジェルがポロンと簡単に取れる下地)を
使っているので、自爪のサンディングやプレプライマーなどは
本番で初めてやる工程となります。


モデルさんにもなんとなくでいいので
手順を覚えてもらった方がいいかなと思ってつくった表です。




★ジェル検上級手順~paaraの場合~★

1) 施術者手指消毒

2) モデル手指消毒

3) 爪5本サンディング
   ① ダストオフ
   ② エタノールで拭き取り
   ③ プレプライマー塗布

4) 右手薬指・左手中指・左手薬指
   ① チップ装着
   ② チップカット
   ③ アウトライン整え
   ④ ダストオフ
   ⑤ 自爪にプレプライマー

5) 右手薬指(フラワーアート)
   ① ビルダージェル塗布 → 仮硬化
   ② フラワーアート → 仮止め・仮硬化
   ③ ビルダージェル薄くひと塗り → 硬化しない
   ④ ビルダージェルでオーバレイ → 本硬化

6) 左手薬指(チップオーバレイフレンチルック)
   ① ビルダージェル塗布 → 硬化しない
   ② ビルダージェルでオーバレイ → 仮硬化

7) 左手中指(チップオーバレイ)
   ① ビルダージェル塗布 → 硬化しない
   ② ビルダージェルでオーバレイ → 薬指と共に本硬化

8) 右手中指・右手人差し指(共にジェルスカルプ)
   フォーム装着

9) 右手中指
   ① ビルダージェル塗布 → 仮硬化
   ② ビルダージェル全体塗布 → 硬化しない
   ③ ビルダージェルでオーバレイ → 仮止め → ピンチ
    (数回繰り返す)
   ④ フォームはずす Cカーブ・ハイポイント確認
    (必要に応じてジェルを足す)

10) 右手人差し指
    ① ビルダージェル塗布 → 仮硬化
    ② ビルダージェル全体塗布 → 硬化しない
    ③ ビルダージェルでオーバレイ → 仮止め → ピンチ
    ( 数回繰り返す)
    ④ フォームはずす Cカーブ・ハイポイント確認
    (必要に応じてジェルを足す)
    ⑤ 中指・人差し指共 → 完全硬化

11) 5本指未硬化ジェル拭き取り → サンディング(形成)

12) 左手薬指(フレンチルック)→ スポンジファイルでバフ

13) 5本ダストオフ(必要に応じてクレンザーかエタノール)

14) 左手薬指(フレンチルック)
    ① カラージェル1度目 → 仮硬化
    ② カラージェル2度目 → 仮硬化
    ③ ホワイト1度目 →仮硬化
    ④ ホワイト2度目 →仮硬化

15) 左手薬指・左手中指
    クリアトップジェル塗布 → 完全硬化
    (場合によって1本ずつ仮止め)

16) 右手薬指・右手中指・右手人差し指
    クリアトップジェル塗布 → 完全硬化
    (場合によって1本ずつ仮止め)

17) 5本未硬化ジェル拭き取り

18) 最終チェック(見直し・修正) 
    
    
   

こんな感じでやっていくつもりです。
一番怖いのはチップカットw
ここでポロンしちゃったら多分立ち直れない(笑)


使用する道具たち

≪ジェル≫
ibdビルダージェル(ハード)
ibdクリアジェル(ハード)
カラージェル(ラピジェル各種)

≪チップ≫
ミトススマートチップ(ナチュラル)

≪クレンザー≫
ibdクレンザープラス
ミトスクレンザー

≪フォーム≫
HARMONY

≪ライト≫
ビューティネイラーUV36w

≪筆≫
リューサ
NP オーバル4号
NP アート筆(ロング&ショート)
マリージュMJ08
ブルーシュ アート筆502



やるからには頑張ってきますが
結果報告は相変わらずブログでしないつもりなので
どうぞ暖かく見守っていてください


コメント欄閉じてますので
『参考になったよ!』
『頑張って!』などの気持ちは
「拍手ボタン」でいただけたら励みになります♪
   ↓

 Instagramではネイルデザインのみ載せています
  フォローお待ちしております
  インスタグラムpaara@NAILのページ




[ 2012/05/17 13:00 ] ネイル検定 | TB(-) | CM(-)

チップラップ(ネイリスト検定2級)


今日はYYI式チップラップの記事となります。
YYI式・・・という名称は勝手につけた名前です
意味合いは、まぁご想像におまかせします


チップラップは奥が深く
シルク&フィラー&グルーを使う手法と
グラスファイバー&レジン&アクティベーターを使う手法が
本やDVDで紹介されていますが、
かならずこのやり方でないといけないという物ではないようです。

今回のYYI式チップラップは
『シルク』+『レジン』+『アクティベーター』を使います。


(1)自爪を短くカット
IMG_7845.jpg

(2)爪の表面をサンディング

(3)ダストを除去しプレプライマー塗布

(4)グルーでチップを貼る
 
 ※ チップをイエローラインに合わせる感じ
IMG_7846.jpg
(5)グルーが乾いたらチップをカット

(6)アウトラインを削る(整える)  
 ※ 形はスクエア
 ※ 私の使用しているチップはサンディング不要

(7)ダストを除去しレジンを塗る
  ※ キューティクル側2ミリ程度あけて塗る
IMG_7847.jpg
(8)アクティベーターを吹きかける
  ※ 私はひと吹き

(9)レジン&アクティを数回重ねる(3回くらい)
  ※ 爪を正面・横からも目の高さに上げてしっかり見て
    凸凹があったらそこにレジンを重ねる
    一度にたっぷり塗りすぎるとアクティを吹きかけた時に
    固まりきらないレジンがトゲのように飛び出てくるので
    一度に大量塗るのではなく適量を重ねる
    ストレスポイントの部分もしっかり塗る
    この時点でしっかりと形を作っておく

(10)サンディング180G→240G
IMG_7848.jpg

  ※ 形はレジンで作ってあるので表面を軽く削る程度
    特に爪の丸みを壊さないように

(11)ダストを除去しシルクを貼る
ラップ剤を使って指の温度でしっかり貼りつけるイメージ
IMG_7849.jpg

 (12)余分なシルクはシザーでカット
IMG_7850.jpg
  ※ 余ったシルクをファイルで削り落してもOKだけど
    場合によっては爪先から繊維が出てきてしまう場合があるので
    YYI式ではカット。

(13)グルーを塗る
IMG_7851.jpg
 グルーは塗る・・・というより画像のように
 刷毛を立ててシルクの繊維にグルーが入るようにたっぷり
 爪先から奥に向かって塗っていきます
 (もし中に空気が入っていたら抜けやすいように)
 シルク全体をグルーで埋めたら最後に1度ポリッシュ塗り

(14)レジン&アクティで重ねる
IMG_7852.jpg

  ココで初めて爪の根本までレジンを塗ります
  毎回ではなく2回に1度くらい。
  ※ グルーが乾いてなくてもレジンを塗って大丈夫だそうです  
    グルーとレジンは親戚同士なので混ざっても大丈夫。
    ただし塗った後のレジン刷毛は容器に戻す前に
    軽く拭いた方がいいかな?と思います。
 
 レジン&アクティを3回~4回重ねる

(15)表面を削る180G→240G
  ※ サイドシェイプ・サイドストレートをしっかりつける
    (この二つは必ずセットとして考える) 

(16)爪の形をラウンドにする
IMG_7853.jpg
  ※ ラウンドにするとまた先広がりに見えるはずなので
    サイドシェイプ&サイドストレート(ペア)を見直す

(17)スポンジファイルでサンディング180G
IMG_7854.jpg

(18)スポンジファイルでサンディング240G→280G
IMG_7855.jpg

(19)シャイナーで磨く

(20)水を含ませたガーゼで爪回りをきれいにする
  ※ エタノール等だと表面が曇る場合があるので注意する


完成画像
チップラップ


右側の画像が今回紹介したもので
左の画像はもう1本やったもの
1回目より厚みがあります(4回+4回)
IMG_7863.jpg


こんな感じで仕上げるのがYYI式チップラップです。
もし説明不足や認識違いがあったら追記or訂正しようと思います。


一番大きな違いは、ラウンドにするのは最後のほう。
その方がサイドシェイプとサイドストレートが安定するとのことです。
『削り』で形を作るのではなく、レジンを塗るときに形を作ることで、
表面を整ええるだけで綺麗な形に仕上がるということです。
ご参考になれば。




最後に使用材料を紹介します
チップとアクティベーターはミトス


MITHOS(ミトス)アクティ...

MITHOS(ミトス)アクティ...
価格:1,122円(税込、送料別)




グルーはこれ


レジンはネイルパートナーのこちら
レジン


ファイル類
150Gと180Gはプリュネル


240Gはモアクチュール
More Couture(モアクチュール)ネイル...

More Couture(モアクチュール)ネイル...
価格:268円(税込、送料別)



スポンジはパートナー
180G/180G
220G/280Gいずれもカプリメガファイル
メガファイル

シャイナーもカプリ
シャイナ
・・・使用材料の全体写真を撮ったほうが簡単だったな~ww



検定記事を書く励みになるので
参考になったぜぃ!という方は「拍手ボタン」で応援してください


 Instagramではネイルデザインのみ載せています
  フォローお待ちしております
  インスタグラムpaara@NAILのページ




[ 2011/09/23 17:53 ] ネイル検定 | TB(-) | CM(-)

第4回ジェル検合格率


NPO法人日本ネイリスト協会の個人会員になり
会報誌「Natiful (ネイティフル)」の最新版が届きました
IMG_7663.jpg


パラパラとめくっていると
この春に開催された第4回ジェルネイル検定の
合格率が載っていました。


まずは初級
IMG_7665.jpg
初級は76.7%
第3回目は73.6%とのことで
合格率が上がっています。

都道府県別
IMG_7664.jpg
震災もあってか仙台の受験数が少ないですね。
中には受験される予定が被害に遭われた方、
家族や親戚、友人が悲しい思いをされた方がいると思うと
心が痛みます。




次に上級
IMG_7666.jpg
最高齢72歳の方が受験されたんですね。
合格率は49.9%
2人に一人の割合・・・やっぱり上級は難しいのだ

都道府県別
IMG_7667.jpg


なんだかこれを見ると
飛行機代払ってでも広島で受けたいなと思うのは
私だけじゃないハズ


広島だったら泊まるとこはあるもんね(笑)
みんなで
「カキ」「広島焼き」「もみじまんじゅう」
食べにいこうかねぇ・・・




 Instagramではネイルデザインのみ載せています
  フォローお待ちしております
  インスタグラムpaara@NAILのページ




[ 2011/08/31 23:38 ] ネイル検定 | TB(-) | CM(-)

ジェル検定(初級)手順


ジェル検定(初級)の私の工程手順です


★実技試験‐第1課題
  ネイルケア35分

◆施術者手指消毒
◆モデル手指消毒
◆ポリッシュオフ

 4×4コットンで1指につき1枚コットンを使う
 使用ポリッシュリムーバーはこちら
capri2.jpg
ネイルパートナーで購入した
カプリネイルリムーバー(ラメ用)
赤ポリをしっかりとオフするため
通常のブルータイプではなくこちらを使用しました。

オレンジウッドスティックでバトネを作り
爪のキワまでしっかりとポリッシュオフ
◆モデル左手ファイリングでラウンド
 私はモデル左手小指からスタートするやり方です
◆バフでバリを除去しキューティクルリムーバー→フィンガーボール
 私が使ったキューティクルリムーバー
buruku.jpg
 第2課題のジェルが弾かないように
 オイルフリーのこちらは必須アイテム
◆モデル右手ファイルでラウンド
◆バフでバリを除去しキューティクルリムーバー
◆モデル左手ブラシダウン→タオルふき取り
◆モデル右手フィンガーボール
◆モデル左手プッシュアップ→キューティクルクリーン

 キューティクルクリーンで再度ブルークロスを使用してもOK
 ガーゼは爪1本に対し必ず1回水につけること
 ルースキューティクルがない部位でもニッパーは動かすこと
◆モデル右手ブラシダウン→タオルふき取り
◆モデル右手プッシュアップ→キューティクルクリーン

 右手のキューティクルクリーンが終わったら
 最初にケアした左手を必ず確認。
 ケアした直後に見えなかった「残し」が乾燥すると見えます
 この段階で残り5分を目指します。
 両手しっかりと最終確認をして終了。

 


★実技試験‐第2課題
  ポリッシュカラーリング
  ジェルカラーリング
  ジェルアート  60分

◆施術者手指消毒
◆モデル手指消毒
◆ジェル手プレパレーション(サンディング)

 ベースはバイオを使ったのでスポンジファイルで丁寧に
◆ジェル手ダストオフ→エタノールで拭く
 ここでキッチンペーパーの1枚目を捨てる
 ダストが施術者の手やモデルの爪に付着しないため
◆ジェル手親指ベース塗り→完全硬化
◆ポリ手プレプライマー塗布

 使用プレプライマーはこちら
bondo.jpg
◆ジェル4本ベースジェル
 ここは神経を使って塗り残しなく丁寧すぎるほど丁寧に 
 1本塗っては仮止めを繰り返す(5秒程度)
 4本目を塗り終えたら完全硬化→2分
◆ポリ手ベースコート5本塗布
◆ジェル手赤ジェル1度目塗り小指から

 ココでも1~2本塗っては仮止めをしますが
 塗布後すぐではなく2~3秒セルフレベリングを待ってから。 
◆ジェル手4本目塗れたら完全硬化→1分
 ラピジェルなので1分です
◆ポリ手赤ポリ1度目塗り5本
◆ジェル手親指赤ジェル塗布→完全硬化
◆ジェル手赤ジェル4本塗布→完全硬化

 赤ジェルは1度目塗りがきちんとキワまで塗れていれば
 2度目塗りは4本一度に塗っても大丈夫。
 心配なら2本ずつ。
◆ポリ手赤ポリ2度目塗り5本
◆ジェル手親指赤ジェル塗布→完全硬化

◆ジェルアート指クリアジェル→ピーコックアート→仮硬化
◆ジェルアート指白ドット・ラメ塗布→完全硬化
◆ジェル手4本トップジェル塗布→完全硬化
◆ポリ手トップコート5本

 私はこの段階で小指の根本を掘ってしまいました
 慌てず小指放置して他の指をトップコートを塗り
 再度赤ポリを小指に塗りました
 ※ 先生曰く要項に「3度塗りNG」とないので掘ってしまったときは
  赤ポリをもう一度塗ればよいとのことでした
◆ジェル手親指トップコート塗布→完全硬化
◆ポリ手小指以外をチェック
◆ジェル手5本未硬化ジェル拭き取り

 私が使ったクレンザーはこちら
mitos.jpg
 他の方のブログでも紹介されていますが、
 保湿効果のあるクレンザーなので
 オイル禁止の検定での必須アイテム
 キューティクル周りが潤ってくれるのでおすすめ♪
 ふき取る際も神経質になる必要なし。 
◆ポリ手小指トップコート塗布
 ※この段階でジェル手のピーコックの表面が凸凹してたら
  必ずもう一度トップジェルを塗布して平らにしたほうが良いです。

かなり慎重に丁寧に工程を進めたので
この時点で残り時間は3分程
もう一度ジェル手をクレンザーで拭き取ったり
ポリ手に落ち度はないか最終確認しながら
使用した材料の片づけなどして終了ベル



私の場合、この第2課題は通常のスピードでやると
35分~40分程で終了してしまっていました。
先生のお話によると時間配分を
「3分硬化ジェルに合わせている」そうなので
完全硬化1分や2分のジェルを使用すると
時間がかなり余ってしまいます。


予期せぬトラブルなどを考えると
残りは5分程残した方がよいのかもしれませんが
私は一つ一つの工程をかなり丁寧にすることにより
制限時間いっぱいいっぱいで終わらせるよう計画を立てました。


とにかくジェル手のベース塗りに神経をとがらせ
ポリ手は終始張りつめて塗布しました(苦手なので)
モデルさんとの練習で赤ポリ表面に気泡のようなものが
発生したことが多々あり、原因がわからなかったので
ポリ手のトップコートは最後の方で塗ろうと決めていました。



こちらのDVDも購入して参考にしました

私の中では迷う買い物でしたが
検定に合格するためには必要かと思い購入。。。

ただ・・・見て愕然としてしまう場面が何度か・・(^_^;)
「あぁ・・やはりこの方でしたかww」って感じ
ヒトリゴトですのであしからず。




モデルさんが当日の爪の写真を送ってくれました。
13010000.jpg
Yちゃん本当に色々とありがとう。


ピーコックアートはこちら
(練習時の写真です)
写真
ピーコック使用ジェル
・ラピジェル000ブラックブラック
・ラピジェル002ブランマンジェホワイト
・ラピジェル027ノワールマンジェ
・エースジェル51Rギャラクシー



ちなみに学科試験は全60問だったと記憶しています。
レベルは3級程度なので2級・3級の過去問をやっていれば
かなり余裕です。
5問~7問くらい(記憶が曖昧ですみません)
ジェルネイルに関する基礎知識から出題されます。



検定記事作成の励みになるので
参考になったぜ!という方「拍手ボタン」ポチお願いします。

 Instagramではネイルデザインのみ載せています
  フォローお待ちしております
  インスタグラムpaara@NAILのページ




[ 2011/08/29 00:00 ] ネイル検定 | TB(-) | CM(-)

ジェル検定のジェル選び


私がジェル検初級を受けた時のお話です。


私がジェル検を受けるなら当然、
愛しているアクセンツ、使い慣れているアクセンツを
検定で使うジェルに選ぶハズなんですが・・・、


しかし、私は最初からアクセンツの使用を迷っていました。


使い慣れているジェルが良いに決まってる・・けれど、
アクセンツって気難しいところがあって
正しい塗布量、正しい筆圧、がきちんと出来てこそ、
素晴らしい仕上がりになるジェルなので
試験会場で、緊張もあり、時間制限もある環境下で
きれいに美しく塗るのはとても難しく、
ほとんどの場合縮んでしまうかクレーターができちゃいます。
その難しさがこのジェルの魅力でもあるんですが(^_^;)


それと、アクセンツカラージェル(赤い顔料を使ったもの)は
 混ぜても混ぜても溶けきれない粒がある
んです。

その特殊な赤い顔料を使用して作ったカラージェルは
検定色に限らずピンクやコーラル・パープルにオレンジなど
全種にいえることで、この粒が厄介で、混ぜても混ぜても
溶けないわけですから「ダスト」と同じ扱いです。
アクセンツの講習でも
「爪の上に乗った顔料は硬化前に必ず除去してください」と習うのです。
※ あまりにも溶けない顔料が多いジェルは交換してくれます。

検定用にアクセンツの赤ジェルを2個用意してみましたが
どちらも微量ながらも溶けない顔料がありましたので
カラーはアクセンツは使わないことに決めました。
試験中にいちいち粒を拾っている時間はないので(笑)
※ もちろん、通常使う分にはなんの問題もありません。



悩んでいたことを弥生先生に打ちあけてみました。
どのメーカーのジェルも知り尽くしている弥生先生は
私が抱いていた不安や戸惑いも当然理解されていました。
先生からは『指定ジェルの中から選択できる環境なのに
わざわざリスクのあるジェルを選ぶ必要はないよね』
とアドバイス
他のメーカーのジェルは何を持ってるの?と聞かれ、
カル・バイオ・シャイニー・ジュエリー・ベビー
ジェラッカー・ノビリティ・メルティ・ラピ・エース・・・etcと
保有クリアジェルの名前をズラズラと言うと、

私がぱあらさんだったら・・・・
 ベースにバイオを使うかなぁ~


バイオはとにかく縮まないし
大きなクセのあるジェルでもない、
案外どのメーカーのカラーを乗せても問題ない。
ジェル検では仕上がりの美しさが大切であり、
その美しい仕上がりにするにはベースがとにかく大事。

ベース・カラー・トップのメーカーを合わせる必要はないのだと。


そっか・・・確かにそうだ


バイオはまったく頭になかったのですが
確かにバイオクリアが縮んだことはない。
バイオの赤ジェルを購入すれば・・・・・・・が、予算は無し(笑)
先生はメーカーバラバラでもいいっておっしゃっていたし♪

もう一つ候補として用意していた
ラピジェルを練習で使ってみました。
しかし、またもや問題が・・・
本番モデルさんの爪にラピジェルを使って練習したところ
必ず『爪先が液ダマリ状態』になってしまう
私の塗り方のクセです・・・。

スクールで、
ラピ→ラピ→ラピ で仕上げた爪と
バイオ→ラピ→ラピ で仕上げた爪を先生に見ていただき
ラピジェルはアクセンツと同じ塗り方をしたらダメだと
アドバイスいただきました。
まさかこんなところでまたしくじるとは。。。


このジェルがダメなら次はあのジェル!
・・・・っていうわけにはいきません
あたらしく購入すればそのジェルに慣れるまで練習が必要だし、
メーカーによって、使い方や塗り方が違います。
もうあれもこれも買っている金銭的余裕も時間もありません。


反対側の手に塗布するポリッシュも忘れてはいけません。
こちらの記事にあるように → 赤ポリ選び
私は赤ポリはシャレドワに決めていたので
シャレドワに合う赤ジェルでなければ、
赤いポリッシュも選び直しになってしまいます

ここでなぜ一番塗りやすかったクリエイティブの赤ポリを
選ばなかったのか・・・という理由は、
色見が合う赤色のジェルが少なかったので、
ジェル検を受けることも考慮し
選択の幅のあるシャレドワを選んだのです。



結局私が試験会場に持っていったジェル
★ベースジェル★
バイオクリア ・ ラピベース
★カラージェル★
ラピ赤ジェル ・ ラピアート用カラージェル
★トップジェル★
ラピトップ ・ アクセンツオプションズクリア
ベースもトップも2メーカー持って行きました。


実際に使用したのは
☆ベース・・・バイオ
☆赤・・・・・ラピ
☆トップ・・・ラピ です。

ラピのベースも縮みなく使えたのですが
”先だまり”になる可能性をジェル1層分でも
回避したかったのでベースはバイオ、
赤ジェルは1度塗りでムラなく塗れるラピを選び、
もし、仕上げでトップを塗るとき、爪先がダマってしまったら
使い慣れてるアクセンツで修正するつもりでしたw
結果、使わずに済んだのですけど♪


ジェル検でアクセンツを一切使わなかった事を
先日の「「アクセンツの愛を語る会」 で話した時、
「どうしてー」と目をまんまるくされました。
ブログ読者様もそうかもしれませんが、
「ぱあら=アクセンツ」という印象がとても強く
(いや、ぱあら=アクセンツ 以外は考えられない?(笑))
天地がひっくり返ったかのごとく驚いていました。

「恋愛」と「結婚」の違いかな。。。。
 と説明したら妙に納得してもらえたww




私の場合、持っているジェルのメーカーが多数あったので
使ったことのあるジェルの中で選ぶことができました。
だけど、これから受ける方に中には
そういう環境の方は少ないかもしれません。
今、使用しているジェルが使い慣れていて
検定指定ジェルであればそれをいかに美しく仕上げられるか
どんどん練習して自信に繋げていければ良いのではないかと思います。
正直、手つきや手際は採点の対象になっていると思われます。


しかし、モデルさんの爪とジェルの相性もあります。
実は私のモデルをやってくださった方は
アクセンツが弾く爪の持ち主でしたw
検定なので長持ちさせなくていいのですが
弾き・縮み・クレーターはです。


それと私にとってジーン ラ ポート ネイルスクールに
入会できたことが大きな力となりました。
まず弥生先生が様々なメーカーのジェルにとても詳しいです
そしてスクールにあるジェルを使わせてくれたりします。
1回ずつ単発スクールや、本番同様の模擬試験も受けられます。
超オススメスクール♪
私もこれからもお世話になります。



文字ばかりの記事ですみません。
次は実際にジェル検当日に私が細心の注意をはらった場面など
ご案内できたらと思います。







 Instagramではネイルデザインのみ載せています
  フォローお待ちしております
  インスタグラムpaara@NAILのページ




[ 2011/08/16 09:00 ] ネイル検定 | TB(-) | CM(-)